ボイトレ教室の選び方は?目的に合わせてスクールを探そう
見出し画像

ボイトレ教室の選び方は?目的に合わせてスクールを探そう

ストアカ公式note

「ボイトレを始めてみたい」と思っても、ボイトレ教室には様々な種類があるので、どのスクールを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。

楽しく通うために、そしてボイトレの効果を実感するためには、自分に合うスクールを見つけることが大事です。そこでこの記事では、ボイトレ教室の選び方のポイントを詳しくお伝えしていきます。

ボイトレ教室に通うのはプロだけじゃない!その目的は?

画像2

「ボイトレ教室はプロを目指す人が通うもの」というイメージがある人も多いかもしれません。しかし、ボイトレは趣味で始める人も多く、「カラオケがうまくなりたい」といった目的で通っている人もたくさんいます。

大切なのは、目的に合わせてスクールを選ぶこと。まずは「なぜボイトレを始めたいのか」を明らかにするため、ボイトレ教室に通う目的の例をご紹介します。

■歌唱力を上げたい
趣味で始める場合も、プロを目指す場合も、一番多いのが「歌唱力の向上」を目的としている人です。ボイトレ教室では、音域を広げたり、肺活量を鍛えたりと、歌の表現力を広げるためのトレーニングを行うので、この目的にぴったりですね。

初心者向けのコースが用意されたスクールもあるので、「音痴を直したい」「人前でも恥ずかしがらずに歌えるようになりたい」といった目的でも安心して通えますよ。

■滑舌を良くしたい
ボイトレでは、正しい発声方法を身につけるためのトレーニングを行います。そのため、舞台俳優や役者を目指す人にも必要とされるトレーニングです。

ボイトレは歌以外でも、「人前でハキハキ話したい」「滑舌を良くしたい」など話し方を改善したい人にもぴったり。話し方に焦点を当てたコースのあるスクールもありますよ。

■日頃のストレスを発散したい
ボイトレ教室で思いっきり好きな歌を歌うのは、ストレス発散にも効果的です。ボイトレで意識する腹式呼吸は、ダイエット効果やリラックス効果も期待できるので、お得な気持ちになれますね。

「ストレス発散」「気分転換」を目的に、趣味としてスクールに通い始めてみるのもおすすめです。

■プロを目指したい、またはプロとして活動している
ボイトレ教室に通う人の中には、もちろん「プロになりたい」「プロとしてもっと歌がうまくなりたい」という目的で通っている人もたくさんいます。

スクールの中には、プロ志向の方に向けたカリキュラムやサービスが充実しているところもありますよ。最初は趣味で始めたとしても、上達するにつれて目的を変えていくのもいいですね。

ボイトレ教室の種類

画像3

ボイトレが受けられるスクールには、大きく分けて「大手のボイトレ教室」「カルチャースクール」「個人経営のスクール」の3つがあります。

ここではそれぞれのメリット、デメリットをお伝えするので、自分の目的に合うスクールを選んでくださいね。

■大手経営の教室
大手経営の教室は全国展開しているところが多く、立地やコース内容など、通いやすい設定になっていることも多いです。他の生徒と交流できるイベントや発表会、そのほかレコーディング体験ができるなど、レッスン以外のオプションも充実している場合があります。

ただマニュアルに沿った指導をされることも多く、講師によって教える熱意やスキルにバラツキがあることも。講師は複数人いるので、自分に合う講師を見つけましょう。

■カルチャースクール
ボイトレ教室のレッスンより、比較的リーズナブルなのがカルチャースクールの魅力。ただ、どんな講座があるのかは地域によって異なるので、通える範囲に行きたい講座が開かれていない場合もあります。

「とりあえず新しい趣味を始めてみたい」という人におすすめのスクールなので、まずは住んでいる地域でボイトレの講座が開かれているか、チェックしてみてください。

■個人教室
講師の魅力がそのままスクールの雰囲気に直接繋がるのが、個人教室の大きな特徴。ストアカで紹介しているのも個人教室が多いです。

講師との信頼関係を築きやすく、自分に合う講師であれば、二人三脚で目標に向かって楽しく通うことができます。

しかし、自分に合う講師かどうかを見極めるのが難しいのがデメリット。体験レッスンがあれば、一度体験してみるのがおすすめです。

目的別ボイトレ教室の選び方

画像4

ボイトレ教室に通う目的や、スクールの種類についてお伝えしてきましたが、ボイトレ教室に通うイメージは膨らんできましたか?

「ボイトレ教室で何がしたいのか、何を得たいのか」など、自分の目的をどんどん明確にしてみてくださいね。

ここからは目的別のボイトレ教室の選び方をご紹介していきます。

■趣味で歌唱力を上げたい人
趣味でボイトレを始めたい人は、「自分が楽しめる内容かどうか」をチェックするのがポイントです。

例えば講師によっては、ポップス以外にもゴスペルやクラシックを専門にしている人もいます。自分が歌いたい音楽ジャンルを教えられる講師がいるかどうかも、重要なポイントです。

ほかにも初心者向けのコースがあるか、イベントや発表会の機会があるかなど、趣味でボイトレ教室に通いたい人に注目してほしいポイントがあるので、こちらの記事も参考にしてみてください👇


■滑舌を良くしたい人
「話し方の改善」
に力を入れたい人は、話し方のレッスンを受けられるコースがあるボイトレ教室がおすすめです。

声に特化したレッスンを行ってもらえるので、「声が通るようになりたい」「魅力的な話し方を身につけたい」という人にぴったりですよ。日常生活だけでなく、ビジネスシーンでも役立つスキルを身につけることができます。


■プロを目指す人
プロを目指したい方は、講師の実績・経験にも注目しましょう。プロとしての実績がある講師なら、経験に基づいたアドバイスをもらえることも。また、プロのミュージシャンを育てた経験のある講師なら、指導力を信頼してレッスンを受けることができます。

またボイトレ教室の中には、教室内でオーディションを受けることができ、デビューするまでのサポートが充実しているスクールもありますよ。そういったサポート体制にも注目してみてください。

オンラインボーカルレッスンの一覧


ボイトレ教室のレッスン内容

ボイトレ教室のレッスンでは、まず自分が歌いたい曲を1曲、課題曲として用意します。レッスン内容は、発声練習をして声を出しやすくした後、課題曲を歌い、歌い方のアドバイスをもらうという流れで進んでいくことが多いです。

始めたばかりの頃は、腹式呼吸や良い発声の仕方など歌の基本を学んでいく必要があるので、発声練習を長めにすることもあります。発声練習で基礎を、課題曲でテクニックを学んでいく意識をしておくといいですよ。

独学と教室との違い

ここまでボイトレ教室の選び方について、様々な角度からお伝えしてきました。しかし最近では、本やインターネットにもボイトレの情報が増えてきたので、独学で始めてみようと思われる方も多いかもしれません。

もちろん独学でボイトレを始めることも可能ですが、ここではなぜボイトレ教室がおすすめなのか、そのメリットをお伝えします。

■身に付くテクニックが増える
ボイトレ教室では基礎的なものから、歌をよりうまく歌えるようになるテクニックまで幅広く教えてもらえます。

独学でも学ぶことができるテクニックはありますが、例えば「ミックスボイスの出し方」を練習しても、どのように実践したら良いか分かりにくいですよね。

スクールでは、テクニックを正しく身につけるところから、歌の中でどのように取り入れるかまで教えてもらうことができますよ。

■自分に合った練習方法が把握できる
ボイトレ教室で教えてもらう大きなメリットは、自分に合った方法で練習できるということ。独学では様々なボイトレの方法が分かっても、どれが自分に必要なのか、実践してもうまくできているのかが分かりにくいのが難点です。

ボイトレ教室の中でも特に個人レッスンでは、その人に合った教え方をしてもらえます。自分に合う方法で練習するので、上達も早くなるはずです。

オンラインボーカルレッスンの一覧


自分の目的に合わせてボイトレ教室を選ぼう

ボイトレ教室には、様々な目的を持った人が集まってきます。「歌が好き」「声の表現を磨きたい」そんな思いがあるならば、ぜひ一度体験レッスンに参加してみてください。

自分に合ったスクールと出会うことで、日常がより楽しくなるような大事な趣味や、夢に向かうための糸口が見つかるかもしれませんよ。

画像7

画像8

note読了バナー



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
オススメありがとうございます!
ありがとうございます✨
ストアカ公式note
教えたい人と学びたい人をつなぐまなびのマーケット「ストアカ」の公式noteです。「オトナになっても新しいことに挑戦したい!」という気持ちをポンと後押しするような、新たな選択肢や気づきを与える情報を発信します。 https://www.street-academy.com/