ストアカ公式note

教えたい人と学びたい人をつなぐまなびのマーケット「ストアカ」の公式noteです。「オトナになっても新しいことに挑戦したい!」という気持ちをポンと後押しするような、新たな選択肢や気づきを与える情報を発信します。 https://www.street-academy.com/

ストアカ公式note

教えたい人と学びたい人をつなぐまなびのマーケット「ストアカ」の公式noteです。「オトナになっても新しいことに挑戦したい!」という気持ちをポンと後押しするような、新たな選択肢や気づきを与える情報を発信します。 https://www.street-academy.com/

マガジン

  • ストアカ推し!先生紹介

    ストアカの編集部がイチオシしたい先生をご紹介します。

  • ストアカアンバサダー

    ストアカでの受講体験を発信する「ストアカアンバサダー」の皆さんのチャレンジの様子をお届けします。

  • ストアカ「まなびのSTORY」

    ユーザーの皆さまへのインタビューやアンケートを通じて、「まなびで暮らしが豊かになった」「自分の夢が実現した」と言ったエピソードをお届けします。

  • 新しい自分に出会う!まなび応援マガジン

    新しいことを始めたい、そんな人のためのヒントとなるようなコンテンツをお届けします。

  • ストアカ講座特集

    ストアカの人気講座・おすすめ講座などをご紹介します。

最近の記事

  • 固定された記事

大解剖!ストアカ4つのまなびのスタイルについて

みなさんこんにちは!ストアカnote編集チームです。 ストアカでは、教えたいと学びたいをつなぐまなびのマーケットとして みなさまに「まなびライフ」を楽しんでもらうべく、サービスを提供しています。 インターネットが普及した現代、人々のまなびニーズは多様に変化しています。 さまざまなまなびの選択肢がある中、ストアカでも「どんなまなびのスタイルが提供できるのか?」という点に着目し “4つまなびのスタイル”をご用意しております。 ストアカのヘビーユーザーの方でも、まだまだ「知ら

スキ
14
    • 【ストアカン オブ ザ イヤー2022】に選ばれた5名の先生をご紹介!

      スキルシェアサービス「ストアカ」では、教える活動を通して個人間でのスキルシェアリング文化の認知向上と、気軽なまなびの活性化に著しい貢献を果たした個人および団体を表彰する『ストアカアワード』を毎年開催しています。 その中でも、"ストアカらしさ"を体現した活動をした方を表彰するのが、『ストアカン オブ ザ イヤー』。 「ストアカン オブ ザ イヤー」とは、受講者数や、満足度といった定量的な実績ではなく、年間を通じてストアカらしいご活躍をされた先生をストアカが選出し表彰させてい

      スキ
      15
      • グラレコで人生を切り拓く。自分らしい働き方を探して- ストアカン オブ ザ イヤー受賞 グラレコ講師 吉田瑞紀先生

        公務員からグラレコ講師へ。異色のキャリアチェンジをしながら学びを提供し続けている吉田 瑞紀先生。 吉田先生は2018年より、朝活講座を継続して開催されています。その活動が社会からも認められ、著書「問題をシンプルにして毎日がうまくいく ふだん使いのGRAPHIC RECORDING」をご出版されました。 生徒が継続して学び続けるための仕組みづくりや、学ぶ上で迷子にならないような設計を惜しみなく伝えている姿勢は、”学び続けること”を後押しする先生のロールモデルになっています。

        スキ
        9
        • 普通の主婦だからこそ愛される、嬉しいを追求できる- ストアカン オブ ザ イヤー受賞 クックキュー森田早紀子先生

          2歳と4歳の子育てをしながら、月額加入者100名超えの人気オンラインサロンを運営する料理講師クックキュー森田早紀子先生。 【発酵・腸活】という切り口から、発酵料理が習える単発講座のみならず、『腸活サークル』という月額サービスにまで発展。 お料理好きもちろん、ダイエットや健康など共通の興味がある生徒たちのコミュニティ作りに成功した料理の先生です。 「私は本当に何の取り柄もない普通の主婦なんですよ」と、明るく話す森田先生に、人気講座が生まれた経緯やサービスを作るうえでの心がけ

          スキ
          35

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • ストアカ推し!先生紹介
          ストアカ公式note
        • ストアカアンバサダー
          ストアカ公式note
        • ストアカ「まなびのSTORY」
          ストアカ公式note
        • 新しい自分に出会う!まなび応援マガジン
          ストアカ公式note
        • ストアカ講座特集
          ストアカ公式note
        • みんなのストアカnote
          ストアカ公式note

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          1人ひとりの天才性を発見し、その人の「大切な思い」を 私も共に大切にしたい- ストアカン オブ ザ イヤー受賞 大塚真理先生

          一人ひとりの生徒に寄り添い、それぞれの天才性を発見し『講師』として輝けるよう導く、オンラインプロデューサーの大塚真理先生。 加入者が100名を超える「オンライン講師サロン」を運営し、コミュニティの盛り上がりだけではなく、参加者全員が講師として経済的にも精神的にも自立できるようにレッスンされています。 さらに大塚先生は、サロンメンバーのストーリーをYouTubeで発信するなど、他のメディアも活用し、ストアカ内外を含めて生徒たちの活躍の場作りにも奮起されています。 ストアカ

          スキ
          29

          子どものいいところを引き出して、一人ひとりに合わせた講座を提供したい - ストアカン オブ ザ イヤー受賞 OKADA Daisuke先生

          「オンライン家庭教師」という、ストアカでも新しいジャンルを開拓し、確立されたOKADA Daisuke先生。 レビューでは保護者のみなさまから「子どもが先生の授業を受けたがる」「子どもが先生を信頼している」など、生徒さんファミリーから信頼されていることが伝わってくるものばかり。リピーターが多いというのもうなずけます。 生徒に大人気なOKADA Daisuke先生、講師の仕事は以前勤めていた銀行を退職し、まっさらな状態からセカンドキャリアとしてスタートされたそう。 そんな

          スキ
          13

          デザインで大切なのは、おしゃれさではなく「お客様目線」であること - ストアカン オブ ザ イヤー受賞 MAKI先生

          マーケティング思考を大切にしながら、ストアカ講師向けのサムネイル作成講座やインスタ画像作成講座を開講するブランディングデザイナーのMAKI先生。 デザイナーとしての経験を活かして、かっこいいだけではない、ビジネスがうまくいくためのデザインを教えていらっしゃいます。 デザインと言うと、プロがやるもの・難しいものと構えてしまいがちですが、MAKI先生の講座レビューに並ぶのは「デザインの基礎から教えてもらえた」「作成方法だけでなく、デザインの理由までわかりやすく教えてもらえた」

          スキ
          21

          料理で1.5kg減達成!『痩せたら食べよう!』の罠には、もうはまらない!目指すは楽しく美味しいダイエット【#3ヶ月チャレンジ 料理教室1ヶ月目】

          こんにちは!ストアカ編集部です。 大人になると、忙しくてなかなか継続した努力が難しくなってしまいます。でも、変わるためには努力は必要! 変わりたいけれど、自分1人では不安…という方に向けて始まった「Challenge to Change」企画。自身の目標を達成すべく、3名の公式アンバサダーが10月初旬に活動をスタートしました。 今回はアンバサダーのグレーぶたさんに、#1ヶ月目の振り返りを伺いました。アンバサダーを3ヶ月間支えてくれる、アンバサダーさん指名のパートナー先生に

          スキ
          9

          「私には出来ない!」の弱音に、『諦めるの?私は諦めないよ!!』先生に叱咤激励を受けた本気のレッスン【#3ヶ月チャレンジ 社交ダンス1ヶ月目】

          こんにちは!ストアカ編集部です。 大人になると、忙しくてなかなか継続した努力が難しくなってしまいます。でも、変わるためには努力は必要! 変わりたいけれど、自分1人では不安…という方に向けて始まった「Challenge to Change」企画。自身の目標を達成すべく、3名の公式アンバサダーが10月初旬に活動をスタートしました。 今回はアンバサダーのがんばルンバさんに、【1ヶ月目の振り返り】を伺いました。 アンバサダーを3ヶ月間支えてくれる、アンバサダーさん指名のパートナ

          スキ
          4

          ストアカアワード2022 公開に込めた思いをお伝えします

          みなさんこんにちは、ストアカnote編集部です! ストアカでは「ストアカアワード」と題して、個人間でのスキルシェア文化の認知向上と、気軽なまなびの活性化を目的として、1年でもっとも著しい貢献を果たした個人および団体を表彰するものとして毎年開催しています。 この記事では11月10日に公開させていただきましたストアカアワードを、改めてなぜやっているのか、またストアカアワードへの思いを綴らせていただければと思います。 なぜストアカアワードを開催しているのか ストアカアワード

          スキ
          6

          【公式アンバサダー就任!】3人が3ヶ月で達成したい目標とは!?(SNS/料理/ダンス)

          こんにちは!ストアカ編集部です。 10月初旬、ついに「Challenge to Change」企画がスタート!自身の目標を達成すべく、公式アンバサダーに選ばれた3名の方をご紹介します。 大人になると、忙しくてなかなか継続した努力が難しくなってしまいます。でも、変わるためには努力は必要! ストアカで相性の良い先生と出会ったら、ぜひ先生からのサポートも受けつつ、新たな挑戦をしてみたいですよね。 今日はそんな挑戦をする!と決めたみなさんの目標を伺いました。 また、アンバサ

          スキ
          7

          Zoomを克服!60歳目前で始めたオンライン料理教室が新しい楽しみを運んでくれた

          「私、機械オンチなんです。だから、Zoom(ズーム)の使い方からストアカで教えてもらいました」と、笑顔で話す佐藤さん(仮名)。 佐藤さんは、夫、新社会人の次男と共に東北地方にお住まいの働く主婦。 60歳を迎えた今年、嫁いだ長女が出産し、初孫が誕生したとか。ママになった長女のフォローや孫の世話も加わり、喜びいっぱいのなか忙しい日々を送っています。 そんな佐藤さんの楽しみは、コロナ禍をきっかけに知ったストアカのオンライン料理教室。 普段の家庭料理では思い付かないプロのメニュ

          スキ
          8

          【定年前活動を始めよう!】定活って何?からスタートする、定活記事まとめ

          こんにちは!ストアカ編集部です。 ストアカではこの秋、「定年1年目の教科書」著者の髙橋伸典氏とコラボ企画を実施しました。 豊かな老後のために、事前に仕事、お金、人脈などについて考えることを「定年前活動/定活」と呼びます。人生100年時代において、人生後半の過ごし方やセカンドキャリアを考える必要性が増しています。 コラボ企画では、定活の基本からスタートし、定活ロードマップやセカンドキャリア事例をご紹介しています。 定活を始めるのに、早すぎることはありません。ぜひコラボ企

          スキ
          3

          【イベントレポート】定活ってなに?定年後の選択肢には何がある?

          こんにちは!ストアカ編集部です。 2022年9月21日夜に、オンライントークセッション「定年1年目の教科書」著者・髙橋氏と考える あなたの強みの見つけ方と、それを即座に発揮できる方法とは ースキルシェアをセカンドキャリアにするを開催しました。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。 質問も多くいただいて、みなさまの「定活」への興味と意識の高さを垣間見れる1時間半となりました。 このnoteでは、髙橋氏のセッションより、「定活とは?」を抜粋してご紹介いたします。

          スキ
          3

          占いを学ぶならストアカがおすすめ!ストアカの占い講座が選ばれる理由を徹底解説!

          ストアカでは占い講座が人気です。ストアカの占い講座は趣味で学ぶ人からプロ占い師を目指す人まで、様々なレベルや目的に合わせた講座が展開されています。 「占いをこれから学びたい人」「独学では限界を感じている人」などは、ストアカの占い講座がおすすめです! それでは、占いを学ぶならストアカがおすすめの理由を徹底解説します! ストアカとは?ストアカは、​​教えたいと学びたいをつなぐ「まなびのマーケット」です。 もう少し詳しく説明すると、ストアカは先生として講座を開講することができ

          スキ
          3

          【学びの秋を楽しもう】子どもの頃憧れていた習い事に挑戦!英会話・楽器(生徒エピソードあり)

          暑い夏が終わり、秋の訪れを感じる気候になってきましたね。 秋といえば読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋など、いろいろと言われていますが、秋は”学びの季節”でもあります。 皆さんは子どもの頃、憧れていた習い事は何ですか? 英会話、習字、水泳、ピアノ、ギターなど、ずっと気になってはいるけれど、まだチャレンジできていない習い事はありますか? オトナリーナ(大人バレリーナ)の記事で紹介したように、今大人になってから子どもの頃の憧れの習い事にチャレンジをする方が増えています

          スキ
          7