料理が苦手な人必見!料理が苦手な人の特徴と苦手克服のポイント
見出し画像

料理が苦手な人必見!料理が苦手な人の特徴と苦手克服のポイント

ストアカ公式note

「食べるのは好きだけど作るのは苦手」「料理が好きになれない」という人も多いのではないでしょうか?一生懸命作った料理があまり美味しくなかったり、せっかく作っても子供が偏食で食べてくれなかったり…。これでは料理がますます嫌になりますよね。

とはいえ、毎日外食や惣菜で済ませるわけにもいきません。もし今より少しでも料理に対する苦手意識がなくなれば、もっと気楽に美味しいご飯が作れるようになるでしょう。

そこで今回は、料理が苦手な人の特徴と克服の対処法を解説します。料理が苦手で困っている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

料理が苦手な人の特徴とは?

画像2

一言で料理が苦手といっても、その理由はさまざまです。まずはなぜ料理が苦手になってしまうのか、その特徴からみていきましょう。

料理が苦手な人の特徴を知ることで、自分でも気づいていなかった問題点を発見できるかもしれません。

◆献立を考えるのが面倒
献立を考えるのは思いのほか頭を使うため、面倒に感じる人も多いでしょう。献立を考えるためには家にあるもので何が作れるのか考えたり、足りない食材を書き出したりと、試行錯誤する必要があります。

さらに、家族に食べたいものを聞いても、「なんでもいい」と言われることも多く、さらに献立を考えるのが面倒に感じてしまうことも…。ご飯は毎日食べるものなので、その度に献立を考えていては、苦痛に感じるのも仕方ありません。

◆味付けの調整がうまくできない
味付けの調整がうまくできないことも、料理が苦手になる原因のひとつです。ご飯を食べたときに「美味しい」と感じるのは、味付けのバランスが良いからに他なりません。

見た目や食感が多少悪くても、味付けの調整がうまくできていれば、美味しいと感じるもの。しかし料理の経験が少ない人や苦手な人は、味付けの調整がうまくできず、理想の味付けにならないことも多いでしょう。

時間をかけて作ったのに味付けが決まらず、家族に「美味しくない」と言われてはガッカリしますよね。のちほど紹介する料理克服への対処法を参考に、味付けのコツをつかんでくださいね。

◆レシピ通りにできていない
料理が苦手な人は、レシピ通りにできていないのかもしれません。材料や分量が間違っていたり火加減がレシピと違っていたりした場合、思った通りの出来栄えにならず、失敗しやすくなります。

とくに、レシピにありがちな「適量」「少々」などの曖昧な表現がどのくらいのことを指すのか、ピンとこないこともありますよね。その結果、どうすればレシピ通りになるのかわからず、一連の工程がうまくいかないと感じてしまい、料理への苦手意識が強くなってしまうのです。

◆料理に時間がかかりすぎる
料理に慣れていない場合、時間がかかりすぎて苦手になっているのかもしれません。1つの料理を完成させるために、ある程度の時間がかかるのは仕方がないことです。

しかし、料理が苦手な人は段取りの立て方がわからなかったり、工程ひとつひとつを丁寧にしすぎて時間がかかりすぎたりする傾向にあります。材料を切るために全力で集中しすぎたり、長時間立ち続けたりすることで食べる頃にはすでに疲れてしまった経験はありませんか?

複雑なレシピはもちろん、たとえ単純なものでも、完成までに時間がかかりすぎることでストレスを感じ、苦手になってしまうのです。

◆後片付けが面倒
料理をしたあとにでる調理器具や食べたあとの食器など、大量の洗い物をするのがつらいと感じる人も多いでしょう。食事前に調理器具を洗ったりコンロを掃除したりしておけば、あとが楽なのはわかりつつ、先に食べてしまう人も少なくないはず。

しかし、食事の際に一旦座ってしまうと作業モードに切り替えるのが難しく、より面倒くさいと感じやすくなります。「後片付けが面倒だから料理が嫌い」という人もいるくらい、後片付けを面倒に感じている人は多く、ストレスを感じやすい作業のひとつといえます。

🥗料理の苦手を克服したい方はこちら👇

オンライン料理教室の一覧


料理の苦手を克服するための対処法

画像3

料理が苦手な人の特徴がわかったところで、どのように克服すれば良いのか、その対処法を紹介します。

どれも簡単にできるものばかりなので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

◆献立をまとめて考えておく
料理の苦手を克服する対処法の1つ目は、献立をまとめて考えておくことです。毎回献立から考えていると、買い出しや調理までの工程が増えて負担が大きくなります。

毎日の「今日は何を作ろう?」をなくすために、数日〜1週間分の献立をまとめて考えておきましょう。あらかじめ献立を考えておくことで、すでに決まったものを作れば良く、毎回悩むことがなくなります。

日々の料理を楽にするためにも、週末や時間の空いたときに、1週間分の献立を考えてみてくださいね。

🥗 献立の立て方については、こちらも参考にしてみてください👇


◆シンプルなメニューに挑戦する
料理の苦手を克服する対処法の2つ目は、シンプルなメニューから挑戦することです。料理への苦手意識が強い間は、複雑なメニューを作るのは避けるほうが無難。複雑なメニューは調理工程が多く、完成までの道のりが長いため、時間がかかりやすいです。

まずは肉じゃがや野菜炒めなどの基本の定番料理をマスターしましょう。メニューを選ぶときは、材料や工程が少なく、比較的簡単なものを選ぶのがおすすめです。

◆レシピをあらかじめ読んで準備をする
料理の苦手を克服する対処法の3つ目は、レシピをあらかじめ読んで準備しておくことです。作りたいレシピは、とりあえず最後までざっと目を通しておきましょう。

レシピを確認せずに作り始めると、必要な材料が足りなかったり、途中で予想外の工程が出て来たりするかもしれません。料理に慣れていないうちは予想外な工程が出てきたときに対応するのが難しく、「工程を省いたらうまくいかなった…」という結果になることもあるでしょう。

レシピをあらかじめ読んで、事前に食材や調味料の計量などを済ませておくと失敗しにくくなります。

◆分量や使う食材、工程をレシピ通りに
料理の苦手を克服する対処法の4つ目は、分量や使う食材、工程をレシピ通りにすることです。自分では、「レシピ通りにやっている」と思っていても、実は調味料の計量にズレがあったり、足りない食材を違うもので代用したり、火加減が間違っていたり…と、いつの間にか自己流になっているかもしれません。

レシピをみても失敗してしまう人は、自己流になっていないか考えてみましょう。もし思い当たる節がある人は、まずレシピに忠実に作る癖をつけてみてくださいね。

◆調味料の黄金比を覚える

画像4

料理の苦手を克服する対処法の5つ目は、調味料の黄金比を覚えることです。調味料の黄金比とは、醤油・みりん・酒など合わせる調味料の割合のことです。

たとえば、肉じゃがやかぼちゃの煮物など、和食の煮物には「醤油:酒:みりん:砂糖=1:1:1:1」と、すべて同量が黄金比となっています。

また、照り焼きなどに使えるタレは、「醤油:酒:みりん:砂糖=1:1:1:0.5」が黄金比です。このような味付けのバランスを覚えておくだけで、美味しい料理が作れるようになりますよ。

◆カット済み食材を使う
料理の苦手を克服する対処法の6つ目は、カット済み食材を使うことです。スーパーに売られているカット済みの食材を購入しても良いですが、自宅でカットした食材を冷凍しておくのもおすすめです。

最近では「ダイレクトフリージング」といって、薄切りにした生の野菜をそのままジップロックに入れて冷凍する方法も流行っています。1ヶ月ほど保存がきくので、まとめてカットして冷凍しておくと良いでしょう。

◆合わせ調味料を活用する
料理の苦手を克服する対処法の7つ目は、合わせ調味料を活用することです。めんつゆや白だしなどのベースに使えるものや、麻婆茄子や酢豚などの一品用のものなど、和・洋・中でさまざまな合わせ調味料があります。

また、スーパーで合わせ調味料をみてから料理を決めるのも良いかもしれません。最近の合わせ調味料はクオリティが高く、本格的な料理が完成しますよ。

◆便利調理グッズを使う
料理の苦手を克服する対処法の8つ目は、便利調理グッズを使うことです。便利グッズには、フードプロセッサーのように食材をカットするものや、皮むき手袋のように簡単に皮を剥けるもの、レンジで使えるシリコンスチーマーなど、各工程で使えるがものたくさんあります。

「自分が料理のどの工程にストレスを感じているのか」を考えてみましょう。そして、その工程に使える便利グッズを揃えて、できるだけ負担を感じないようにしてみると料理の苦手克服に近づけるかもしれません。

◆オンライン料理教室に参加する
料理の苦手を克服する対処法の9つ目は、オンライン料理教室に参加することです。オンライン料理教室とは、Zoomなどで講師とつながり、一緒に料理ができる習い事のことです。

講師から作り方を教わりながら、全ての工程を1人でおこなうため、身につきやすいのがポイントです。また、ほかの参加者にみられることもないので初めてでも自信がないという方でも心配ありません。

オンライン料理教室で作ったご飯はその日の晩御飯にしたり、作り置きしたりと、普段の料理時間の削減にもなって一石二鳥です。


🥗料理の苦手を克服したい方はこちら👇

オンライン料理教室の一覧


料理が苦手な人にもぴったり♪ストアカのオンライン料理教室

画像5

それでは最後に、どのようなオンライン料理教室があるのかを紹介します。どのレッスンも料理初心者に受講しやすいものばかりです。1回だけの体験もOKなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

料理講師歴26年❕】季節の洋食【5品】おうちキッチンで作れます!
料理講師26年の講師から学ぶ、季節の洋食レッスンです。一食分の献立になるように、メイン・副菜・スープ・サラダ・和え物などを5品作ります。

さらに包丁の持ち方や切り方、計量方法などの料理の基本から学べるので、全くの料理初心者でも問題ありません。レッスン内容そのままの動画をもらえるので、後から復習できるのもポイントです。


60分【初級】料理が苦手な方へ。オンラインではじめる家庭料理◎
こちらのレッスンでは、1時間で3品の家庭料理を作ることができます。レッスンはゆっくりペースで進むので、料理デビューの方にぴったりです。野菜の仕込み方やとろみの付け方など、料理の基礎を工程ごとに学ぶことができます。

また、料理過程や調味料の分量なども画面上に表示してくれるので、聞き逃す心配もありません。基本的な和食を学びたい方におすすめのレッスンです。


出汁なしで野菜が美味しい味噌汁の作り方
こちらのレッスンでは、出汁を使わない味噌汁の使い方が学べます。「あと1品欲しい」という時に便利な味噌汁を、出汁なしで美味しく作ってみましょう。

こちらの講座を受けることで、味噌汁のバリエーションを無限に広げることができるようになります。また、味噌汁以外の料理にも応用が効く方法なので、出汁がなくても美味しいご飯が作りたい方におすすめです。


【初心者歓迎】【朝活】また作ってと言われる美味しい料理を作る。
1時間半でゆっくり丁寧に料理が学べるレッスンです。特別な食材や調味料は不要で、スーパーで売っている普通の材料で美味しい家庭料理が作れますよ。

朝と夕から時間を選べるため、生活リズムに合わせて受講しやすくなっています。朝のレッスンで夕飯を作っておけば、その日は料理をしなくて済むので時間を有効活用できますよ。


🥗料理の苦手を克服したい方はこちら👇

オンライン料理教室の一覧



おわりに

今回は、料理が苦手な人の特徴と克服の対処法を解説しました。料理が苦手になる理由はさまざまですが、原因を知って対処していくことで、克服できるようになりますよ。

今回紹介した対処法を参考に、ぜひ料理の苦手を克服してみてくださいね。また、1人で料理するとうまくいかない方は、オンライン料理教室を活用してみましょう。直接教わることで、1人で料理するよりも早く習得できるようになりますよ。料理が苦手な方は、ぜひ体験してみてくださいね。

🍳 料理の苦手を克服したい方はこちらもおすすめ👇

画像6

画像7

note読了バナー




ありがとうございます✨
ストアカ公式note
教えたい人と学びたい人をつなぐまなびのマーケット「ストアカ」の公式noteです。「オトナになっても新しいことに挑戦したい!」という気持ちをポンと後押しするような、新たな選択肢や気づきを与える情報を発信します。 https://www.street-academy.com/