職場での人間関係を気にしない方法は?人付き合いに疲れてしまった人へ
見出し画像

職場での人間関係を気にしない方法は?人付き合いに疲れてしまった人へ

ストアカ公式note

「上司と折が合わない」「職場に居づらい」など、職場の人間関係で悩んでいませんか?働く多くの人が人間関係で悩み、転職など検討した経験もあるのではないでしょうか。

しかし、転職先で同じことが起こらないとも限りません。就職したばかりであれば、すぐに転職はするのは気が引ける…という方も中にはいるでしょう。

ストレスを抱えないために、人間関係を気にしない意識やコミュニケーション方法を改善する対処法を知ることが大切です。この記事を読んで、過ごしやすい職場を自分で作り上げましょう。

職場での人間関係の悩みが多いのはなぜ?

画像2

こちらのアンケート調査によると、なんと8割以上が「今までの職場で、人間関係に難しさを感じたことがある」と回答しています。さらに、転職経験者の過半数が「人間関係がきっかけで転職したことがある」と答えていることもわかりました。

なぜ職場での人間関係の悩みが多いのでしょうか。その理由を解説していきます。

◆多様な価値観の人が所属しているため
プライベートの友達は一緒にいて楽しい人や趣味が合う人など、何かしらの共通点がある人同士が集まる傾向にあるでしょう。

しかし職場となるとそうはいきません。例え価値観が合わない人や相性が悪い人がいたとしても、仕事として関わるのであれば業務上でも付き合っていかなくてはいけません。

様々な価値観を持っている人が集まる職場は、お互いの意見が合わないことや考えが理解し合えないことも。先輩や上司であれば尚更、我慢することも多くなるでしょう。

◆長時間関わることが多いため
プライベートでは友達と会う頻度をある程度調節できます。人によっては、例え仲のいい友達だとしても、頻繁に会うのはしんどいと感じる人もいるでしょう。

しかし同じ職場で働く人たちとは、必然的に一緒に過ごす時間が長くなります。長く関われば、お互いの嫌な部分も気になってくるでしょう。

リモートワークが増えればある程度悩みは解消されるかもしれませんが、画面越しのコミュニケーションやチャット上でのやりとりなど、オフラインとはまた違った人間関係のモヤモヤを抱えることもあります。

◆帰属意識の高さが影響することも
帰属意識とは、ある集団に属している意識のことです。帰属意識が高い職場は愛社精神を大事にしている傾向にあります。それ自体は悪いことではないのですが、中には飲み会や業務外イベントなどへの強制参加や、サービス残業・休日出勤が当たり前といった風潮が生まれることもあります。

意識の違いから仲間外れにされないよう周りに合わせなければいけないと、プライベートの時間を削る可能性や、普段以上に気を使わなくてはいけないため、余計にストレスが溜まってしまうことも。

🗣コミュニケーション方法を学ぶならこちら👇

コミュニケーション術セミナーの一覧


職場での人間関係が気になってしまうのはどんなとき?

画像3

8割以上の人が職場での人間関係に悩んだ経験があるということがわかりましたが、ここで実際にどんなことで悩んでいるのか見てみましょう。
様々な人間関係のトラブルを知ることで、解決策を見出すことができるかもしれません。

◆上司や部下と反りが合わない
上司と反りが合わなくて悩むケースは多いでしょう。「部下の意見を聞いてくれない」「雑用ばかり頼まれる」「威圧的な態度をとられる」「融通が効かない」など、上下関係が絡むため様々な人間関係のトラブル要素があります。上司を自ら選ぶことは難しいため、相性の悪い人に当たってしまった場合は、今後の仕事にも影響が出てしまうでしょう。

また一方で部下を抱える立場の人からすると、やる気がない部下や指示通りに動いてくれない部下などが、人間関係の悩みのひとつとなることもあります。

◆苦手な人と業務で関わらなくてはならない
様々な価値観の人が集まっている職場では、苦手な人が何人かいることも。しかしプライベートと違い、苦手な人と全く関わることなく仕事をすることはできません。

「ミスを人のせいにする人」「口だけで行動しない人」「さぼり癖が目立つ人」「意思疎通がうまくとれない人」など、苦手と感じる理由は人それぞれですが、苦手な人と関わらなくてはいけないというだけでストレスが溜まってしまいます。

◆イジメや派閥に巻き込まれてしまう
職場でイジメや派閥がありそれに巻き込まれてしまうというのも、職場でありがちな人間関係のトラブル。派閥争いがあれば、仲間意識をアピールするためにそれぞれの派閥からランチや飲み会に誘われ板挟み…ということもあるでしょう。

誘いを断ったり、敵対する派閥と仲良くしたりすると、仲間外れにされイジメに合うということも起こり得ます。また、したくもないイジメに加担され罪悪感に苛まれることもあるかもしれません。

職場の人間関係が業務に与える影響は?

1927年にアメリカのハーバード大学で行われた研究により、生産性を向上させるには照明などの作業環境や給与条件よりも、職場での人間関係の良し悪しが大きく影響するという結果が出ました。

人間関係が良くなれば、自分の仕事だけでなく周りの作業状況も把握しやすくなり、お互いのサポートや情報共有をすることでチームワークが活性化します。また、同僚との会話が業務内容のみだと息苦しく感じますが、プライベートな会話や相談をしやすい環境になることで、コミュニケーションが増え生産性も上がるとされています。

人間関係は労働者本人のみならず、会社の業績も左右されるほど重要ということがわかりますね。仕事の効率を上げるためにも、人間関係のストレスから開放されることはとても重要なのです。

職場の人間関係を気にしないための意識

画像4

職場でありがちな人間関係のトラブルを紹介しましたが、これらの人間関係を気にしないためには、まずは自分の中での心持ちが大切です。
ここからは、職場での人間関係を気にしないために持つべき意識について解説していきます。

◆さまざまな価値観の人がいることを理解する
前述したように、職場には様々な価値観の人がいます。中には自分と価値観が合わず、苦手と感じる人もいるでしょう。プライベートであれば苦手な人を避けることができますが、職場ではそうはいきません。

まずは相手の考えを尊重することが大事です。自分が思っている常識が一般常識とは限らず、相手も同じようにあなたに苦手意識を持っているかもしれません。

価値観や考え方は人それぞれなので、「私ならこうするのに」ではなく「そういうやり方もあるんだ」とあまり気にしないことです。

◆必要以上に相手に期待を寄せない
相手にあまり期待しないことも自分の身を守るひとつです。「これくらいのことはできるだろう」「これをしたら、あの人もこれをしてくれるだろう」という考えは、思い通りにいかなかった際に「なんでできないんだろう」「どうしてやってくれないんだろう」という苛立ちに変わります。

相手に期待したり見返りを求めたりするよりも、自分ができることを行ったほうが精神的にもダメージが少なく、作業効率も上がります。

また、自分の考えとは違う人の価値観を変えようとしても人は簡単には変わりません。そして自分が正しいとも限りません。相手が変わるのを期待するのではなく、自分が変わり相手の価値観を理解できるようになると過ごしやすくなるでしょう。

◆苦手な人がいることは普通なことだと割り切る
上手な人間関係を保つために、2:6:2の法則というのがあります。2:6:2とは「自分に好影響を与えてくれる人=2割」「どちらでもない中立的な人=6割」「自分に悪影響のある人=2割」という考え方です。

つまり、自分に好影響を与えてくれる人以外の割合は8割を占めるため、苦手な人がいるのは普通なことだと割り切りましょう。

自分に好影響を与えてくれる2割の人、例えば、刺激を与えてくれる人や、尊敬できる人、心を開ける人とできるだけ接するようにし、その他8割の人とはほどほどの付き合いをすることで、人間関係を気にしないでいられるかもしれません。

🗣コミュニケーション方法を学ぶならこちら👇

コミュニケーション術セミナーの一覧


職場の人間関係が気になる人は…自分でできる改善方法を試してみて

職場の人間関係に悩んでいるのであれば、まずは自分でできる改善方法を試しましょう。

人を変えるのは難しいことですが、自分が変わることは不可能ではありません。自分が変われば、心も楽になりストレスの軽減が期待できます。まずはできることから少しずつ始めてみましょう。

◆相手の立場に立って考えてみる
「どうしてあの人はこんなことをするんだろう」「どうしてあの人はこれをやってくれないんだろう」などといった周りへの不満がある場合は、相手の立場になって考えてみましょう。これは相手を理解する行為でもあり、自分を見直す機会でもあります。

相手の考え方を理解することで、不満や苛立ちは軽減されます。また、相手の悩みや自分の間違いに気づいたりするかもしれません。お互いの理解が深まれば、作業効率も上がり、人間関係からのストレスが少なくなります。

◆ポジティブな言葉選びをする
相手を思いやった言葉を選ぶだけでも、人間関係が円滑に運びます。「でも」「だけど」という言葉を多用すれば、意見を否定されていると相手は感じます。「なるほど」「確かに」など肯定することから始め、相手の意見を尊重しつつ自分の意見を伝えると、相手も素直に話を聞いてくれるでしょう。

また褒め上手になることで、周りの人からの好感度が高くなります。後輩や同期であれば「いいね」「さすが」「すごいね」など隙あらば褒め、上司であれば嫌味にならない程度に「尊敬しています」という思いを込めて褒めましょう。

このようにネガティブな言葉を避け、ポジティブな言葉を使うことで相手のストレスや不満・不安を軽減できます。そのためコミュニケーションも円滑に進み、周りから好かれる人間になり、職場でも過ごしやすくなります。

◆業務スキルを高める
人間関係が円満なら効率も上がり生産性も高くなる可能性はあります。しかし職場は友達を作る場所ではないため、無理に仲良くする必要はありません。

仕事で大事なのは、成果を出すことや、業務スキルを上げて組織に貢献することです「仕事ができる人」と認知されれば、否定されることも少なくなり、また自分に自信がつきます。

人間関係に疲れたら、周りを気にしないで割り切り、仕事に集中するということもひとつの手段です。

職場の人間関係が原因の転職はアリ?

冒頭で説明した通り、人間関係が原因で転職したいと考える人は多くいます。しかし、次の転職先が自分に合った職場とは限らず、再び人間関係に悩まされ同じことを繰り返す可能性や、さらに状況が悪化してしまうリスクもあります。

まずは、今の職場で改善できないかを考えるのがベスト。
例えば、以下のような対策を検討してみましょう。

・人事に相談し異動を申し出る
・時間が解決するか考えてみる
・休みを取ってリフレッシュする

少しでも気が楽に慣れる方法はないか探ってみるところから始めてみましょう。


職場での人間関係が気になってしまう人に…ストアカのセミナーを受けてみよう

画像5

あれこれ手を尽くしても、どうしても気にしてしまう…と感じている人は、専門家のセミナーを受けてみるのもひとつの手段です。人間関係に悩んでいるときは、コミュニケーションに関する知識をつけることで解消する可能性が大いにあります。

ストアカのセミナーは、自宅で気軽に受けられるオンラインレッスンが多いのも嬉しいポイント。悩みを共有できる複数人で行うセミナーや、人の目を気にしないマンツーマンで行えるセミナーもあるため、自分にあったものを見つけられます。

▼【仕事×人間関係】の悩みが消える!タイプ別コミュニケーション術
苦手な上司や同僚との人間関係を改善してみませんか?自分のタイプと相手のタイプを知り、タイプ別対応のコツを学ぶことで、人間関係が改善し、仕事の付き合いも円滑に運びやすくなります。

「ソーシャルスタイル理論」に基づくコミュニケーション術で、年齢・性別・職種問わず、またプライベートでも幅広く活用できます。自分のタイプを知ることで苦手な相手にも興味を持つことができます。愛想笑いや無理して会話することがなくなり、肩の力が抜け楽になるでしょう。

このセミナーでは分かりやすく楽しいコミュニケーションのコツが学べます。


▼自分の価値を高める「信頼される話し方を身につけよう」
「何を言っているのかわからない」「要するに何が言いたいの?」と言われることはありませんか?これは価値観が多様化する現代ではよくあることです。

価値観の多様化とは、海外の文化を知る機会が増え日本と海外の価値観の相違や、ジェネレーションギャップによる若い世代と中年世代の考え方の違いを指します。この様々な価値観の相違により、コミュニケーションが難しく悩んでいる人が多いのです。

しかし、『きちんと筋道を立てて相手に分かりやすく伝えるロジカルコミュニケーション』を学ぶことで、これらを解決できます。ロジカルコミュニケーションで信頼される話し方を身に付け、自分の価値を高めてみませんか?


▼30分で聴き上手😊傾聴力やコミュニケーション能力、人間関係も改善
自分の高感度と信頼度を高める、聴き上手になるためのセミナーです。
人は誰しもが悩みを持っています。「相談したい」「打ち明けたい」「話して楽になりたい」という思いを自分に求められたとき、どう反応するかで信頼度が左右されます。「話して楽になった」と感じさせるにはどうしたらいいでしょうか。

聴き上手になれば、「また相談したい」と信頼度がさらに上がり、良好な人間関係を築け、仕事でも評価につながります。コーチングのプロコーチでもある講師の下で、楽しく傾聴力を学んでみませんか?


🗣コミュニケーション方法を学ぶならこちら👇

コミュニケーション術セミナーの一覧


おわりに

職場での人間関係に悩んでいれば、まずは自分のできることから始めるのが、今後の経験の役に立ちます。真面目な人こそ悩んでしまうので、気にしない、割り切るといった考え方の整理が必要です。

本やネットなどで様々な情報を得ることはできますが、百人百様の世の中でどれが自分に合っているのか見極めるのは簡単ではありません。

そのため、自分に合った対処術、コミュニケーション術を学べるのは個別に指導してもらえるセミナーやレッスンになります。まずはストアカで気軽にセミナーを受けてみてはいかがでしょうか。

🗣コミュニケーション方法を学ぶならこちらもおすすめ👇

画像6

画像7

note読了バナー



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
オススメありがとうございます!
ありがとうございます✨
ストアカ公式note
教えたい人と学びたい人をつなぐまなびのマーケット「ストアカ」の公式noteです。「オトナになっても新しいことに挑戦したい!」という気持ちをポンと後押しするような、新たな選択肢や気づきを与える情報を発信します。 https://www.street-academy.com/