「ストアカ社長直伝!オンラインレッスンで失敗しないための20のアドバイス」③継続改善編
見出し画像

「ストアカ社長直伝!オンラインレッスンで失敗しないための20のアドバイス」③継続改善編

ストアカ公式note

こんにちは、ストアカ公式note編集部です。

今回は、ストアカ社長の藤本がこれからオンラインレッスンを始めようとしている方に向けて、成功するためのノウハウや基礎を直々にお伝えする「ストアカ社長直伝!オンラインレッスンで失敗しないための20のアドバイス」の第3弾「継続改善編」です!

このシリーズはこれまで2回お届けしてきました。
第1弾は「企画・集客編」で、オンラインレッスンを始めるにあたって最初の関門になる「どうやって集客できる魅力的なレッスンをつくるか?」という点に焦点を当てました。

第1弾の記事はこちら▼

第2弾は「レッスン当日編」で、オンラインレッスンの直前〜当日に実践すべきポイントをご紹介しました。

第2弾の記事はこちら▼

続編となるこの記事では、初回レッスンを終えた直後から、より良いレッスンへブラッシュアップするためのポイントを3つご紹介します。

初回の講座開催後、継続改善してできること

スクリーンショット 2021-08-19 8.46.25

ストアカのようなCtoC(Consumer to Consumer)のマーケットプレイスに出品する場合、スキルを「出品」することは始まりにすぎません。自分のレッスンを掲載し、レッスンを開催して参加者の反応や評価を踏まえて改善を繰り返すことで、徐々に満足度の高いレッスンへブラッシュアップしていくことが大切です。

例えばフリマアプリを想像してみてください。売りたい商品を出品してなかなか売れなければ、商品説明の書き方を変えてみたり、価格を見直したり、商品画像を差し替えてみたり…さまざまな工夫をして売れる方法を試してみますよね。

それと同じです。ストアカでは売り物がレッスンなので、内容はもちろん、日程、ターゲット、価格など見直して改善できるポイントはたくさんあります。

1)出品の仕方/見せ方を研究/ハックする

ストアカでは、他の先生のレッスンに対するレビュー内容や評価を見ることができます。人気のあるレッスンがどのようなものなのかを必ず研究して、自分のレッスンの参考にしましょう。

具体的には、あなたのレッスンと同じカテゴリーの人気レッスンはすべてチェックしてください。レッスン紹介ページで使っている写真やキャッチコピー、レッスン概要の書き方など、人気のレッスンには何らかの共通点があるはずです。

当然ですが、丸パクリはNGです。大切なのは「エッセンス」を見出し、そのエッセンスを自身のレッスンにどう生かすのかを考え抜くことです。


2)商品設計は、小刻みに幅広く試す(日程/時間帯/価格)

画像3

レッスンの商品設計を色々と変えて試してみましょう。日程や時間帯、価格など、チューニングできる要素はたくさんあります。最初はきめで始めてみるのも良いですが、冒頭にお伝えしたようにレッスン出品後(開催後)の継続的なブラッシュアップが売れるレッスンにつながります。

例えば、価格を例にとってみましょう。
「自分のスキルが大したことないから1,000円にしないと売れない」という思い込みがあるなら、それは間違いかもしれません。

他のレッスンを見てみてください。同じような内容でも高価格のものがあれば何が違うのかを参考にしてみましょう。マンツーマンでしっかりケアをすることで価格をあげている場合や、生徒さんへのお土産を用意して価格をあげている場合など、色々な事例が見つかると思います。

スキル自体に限らず、付加価値をつければ、それに見合った価格を設定しても売れるかもしれません。

レッスン時間や、開催する時間帯なども同様です。思い込みや決めつけで固定してしまうのではなく、柔軟に考えて試してみましょう。試してダメだったら、元に戻せば良いのです。


3)生徒から貰う感想や要望を反映して進化させる

売れている先生が実践しているとても重要なポイントです。ストアカにはレビューや個人メッセージ機能があります。時には生徒さんから辛辣なフィードバックもありますが、こういった声に耳を塞がず、むしろ貴重な意見として参考にしましょう。

例えばストアカで人気のカメラの先生は、レッスンに対する改善要望があればすべてを反映し、新しい講座を提供していました。ご本人によると全部で100を超えるレッスンを作成したそうです。

レッスン内容はもちろん、見せ方や話し方、時間の使い方など、自分では思いもしなかった観点で不満や要望の声が来ることもあります。またレビューはすべてチェックして改善すれば、必ず満足度は上がるでしょう。

ネガティブなフィードバックを見てみぬふりをしたり、反論しても良いことはありません。「アドバイス」とポジティブに捉えて改善に生かせば、売れるレッスンにまた一歩近づきます。

まとめ

さて、今回はレッスンを継続的に改善するためにできることに焦点を当てて、3つのポイントをご紹介しました。

ストアカで成功している先生の多くは、一度講座をつくったきりそのまま放置して売れるようになったわけではありません。最初は集客できずにもがいて、試行錯誤を繰り返す中で満足度の高い売れるレッスンに磨き上げていっています。

ぜひこのアドバイスを活用し、ご自身のレッスンのブラッシュアップに生かしてください。

ストアカに登録していない方は、まず登録してみてここでご紹介した内容を実践してみてくださいね▼

note用バナー_先生になる


また、ストアカで先生デビューしたい方は、こちらの特集をチェック!現役のストアカトップ先生から直にレッスンのコツを学べますよ▼

画像5


この記事の内容は、公式YouTubeの動画でも見ることができます!実際に社長の藤本が語っていますので、ぜひチェックしてみてください!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
オススメありがとうございます!
ありがとうございます✨
ストアカ公式note
教えたい人と学びたい人をつなぐまなびのマーケット「ストアカ」の公式noteです。「オトナになっても新しいことに挑戦したい!」という気持ちをポンと後押しするような、新たな選択肢や気づきを与える情報を発信します。 https://www.street-academy.com/